ホルモンバランスを崩すと背中ニキビができる

ホルモンバランスを整えて背中ニキビを治す※3つの方法

あなたの背中ニキビの原因はホルモンバランス?

皆さん、長年背中ニキビに悩んでいませんか?
長年治らない背中ニキビの原因はホルモンバランスの崩れを疑いましょう。

・背中ニキビを繰り返している
・半年以上背中ニキビが治らない
・生活習慣、食生活に問題あり

こんな人はホルモンバランスの崩れや免疫の弱りが原因で背中ニキビが治らないのです。

私もそうでしたが、ホルモンバランスの崩れが原因の背中ニキビは、慢性化してなかなか治すことができません。

健康な肌であれば、背中ニキビが出来ても綺麗に治りますし、ニキビ跡もできません。

背中ニキビが繰り返してしまうのは肌が弱っていることにあります。そしてその原因がホルモンバランスの崩れや免疫低下にあるのです。

現に私は、ホルモンバランスを整えることで免疫も上がり、約半年で背中ニキビを治すことに成功しています。

何をしても治らない・・・と諦めがちになっている方は、私が治した方法をしっかり確認してください。




ホルモンバランスを整えて背中ニキビを治す3ポイント


1.食生活、生活習慣、運動やストレス解消
これは、ホルモンバランスを崩す根本的な原因を断つことが目的です。まずホルモンバランスを整えなければ、免疫力も付きません。免疫力が低下している肌にどんな薬を塗っても効果は薄いでしょう。これらのことに気を使わなければ背中ニキビは治らないと断言しても良いでしょう。

2.女性ホルモンを整えるサプリで治療をサポート
生理、出産、ストレスと、女性は男性と比べて何かとホルモンバランスが崩れやすいです。女性ホルモンが減少することもホルモンバランスが崩れる原因になります。そのため、女性ホルモンをサプリで補ってあげることが大切です。

3.外部からプラセンタ導入で肌の免疫力を上げる
ホルモンバランスを整えることは基本ですが、外部からプラセンタを導入してあげることにより、肌の免疫力が高まります。そうなると肌が強くなるので、ニキビを繰り返さなくなります。私は2ヶ月でニキビが繰り返さなくなりました。長年背中ニキビが繰り返し出てしまっている方は、外部からプラセンタを導入して肌の免疫力を高めましょう。